ハトムギ以外の和漢植物
2018.08.01

よもぎの効果|身近な生薬“よもぎ”でキレイになる方法

日本を代表する生薬として親しまれる「よもぎ」。お団子やお餅、天ぷら、お茶としてとりいれるだけでなく、お風呂やよもぎ蒸し、スキンケアへ活用も可能です。今回は「よもぎでキレイになる方法」を解説します。

監修医師

監修 管理栄養士  横川仁美 先生

よもぎ

春が旬のよもぎ。「毎年、よもぎ餅やよもぎ団子を楽しみにしている!」という方もいるのでは?実はよもぎは、女性にとって嬉しい効果が期待できる植物なのです。よもぎを日常生活で効果的に取り入れる方法をご紹介します。

身近な生薬"よもぎ"とは

お餅や饅頭、パンにも使われている植物「よもぎ」。キク科多年草のこの植物は、日本でも大変なじみ深い春の野草です。日本のみならず世界中で、食用もしくは薬草として利用されてきました。

薬効の高さと多様さから「万能薬草」「ハーブの女王」などと呼ばれることもあります。実際に日本のハーブの中では、とても強い抗酸化作用があるとされています。

よもぎの葉は漢方では「艾葉(がいよう)」の名で知られており、切り傷の止血や腹痛改善などに使われてきました。また、浴用剤やお灸のもぐさに使われることもあります。独特の香りはシネオールと呼ばれる成分によるもので、神経の興奮を鎮めたり、睡眠を促したりする効果があります。

よもぎで健康・キレイに!効果的に取り入れる方法

よもぎに期待できる美容・健康効果をご存知の方は、あまり多くないようです。そこで今回は、よもぎの魅力に迫り、普段の生活でよもぎを効果的に取り入れるための方法をご紹介します。

よもぎを食べて食物繊維をたっぷり摂取

よもぎには、ほうれん草の2.8倍、キャベツの4.3倍もの豊富な食物繊維が含まれています[1]。食物繊維には水溶性植物繊維(水に溶ける食物繊維)と不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)に大別できますが、よもぎには不溶性食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維には便のかさを増やして便通を改善する働きが期待できます。

香りがよく、ほのかな苦味が魅力のよもぎは、美味しく食べて簡単に取り入れることができます。以下、具体的なよもぎの食べ方をご紹介します。

餅として食べる
よもぎ餅(草餅)は、よもぎの代表的な食べ方の1つ。直接食べると苦味が強いよもぎですが、乾燥粉末やペースト状にしたよもぎをもち米に混ぜることでとても食べやすくなります。なお、関西地方ではよもぎを練り込んだよもぎうどんもあります。いずれもきれいな緑色が目を惹きます。
天ぷらやおひたしなどでおかずにして食べる
春先の柔らかい若葉は、おかずとして食べる方法もポピュラーです。具体的には、天ぷらやおひたし、さらには汁物の具にすることもあります。天ぷらは特に下茹では不要で、春の香りを楽しむことができます。
お茶として飲む
お餅やうどん、おかず以外にも、シンプルにお茶としてよもぎを摂取することも可能です。整腸作用が期待できるため、胃腸が弱くても安心して飲めます。

また、「乾燥よもぎ」を作っておくと、よもぎを手軽に日常生活の中に取り入れることができます。よもぎ茶やよもぎ餅、よもぎ風呂にも簡単に利用できるので、下記の手順に従って作ってみてはいかがでしょうか。

乾燥よもぎの作り方

  1. 春~初夏に若葉や茎を摘む
  2. きれいに水洗いし、汚れやゴミをとる
  3. 天日で3~4日乾燥させる。新聞紙やザルに広げたり、風通しのよい軒下に吊るすとよい

乾燥よもぎがあれば、お湯を注いで簡単によもぎ茶を作ることができます。お好みでフライパンで香ばしく煎ってから飲むのもよいでしょう。

よもぎエキス配合コスメで毛穴の目立たない美肌へ

よもぎには、βカロテンが豊富です。βカロテンはビタミンAに変わって作用し、体内では皮膚や粘膜の健康をキープする働きがあります。

そんなよもぎの抽出成分を配合した、洗顔料や化粧水、美容液も存在します。

よもぎエキスには消炎効果や収れん効果、抗菌効果などがあります。ニキビ・肌荒れを防いだり、毛穴のないクリアな肌を目指したい人は、よもぎエキス配合のコスメにも注目してみてください。

よもぎ蒸しでリラックス

よもぎ蒸しは韓国に古くから伝わる民間療法で、特に産後の肥立ちが良くなるとして、多くの女性に愛されてきました。子宮や下半身をじんわりと温めることにより、冷え性・生理不順などの婦人科系の悩みの改善が期待できます。そのほか、美白・美肌効果、ダイエット、さらによもぎの香りによるリラックス効果も期待あるとされています。

よもぎ風呂で全身美肌に

よもぎ風呂では、落ち着く香りに癒されながら、身体を温めることができます。先ほどご紹介した「乾燥よもぎ」を使えば、簡単によもぎ風呂を作ることが可能です。布袋やお茶パックに乾燥よもぎを入れ、これをバスタブに入れて湯を張れば完成です。

よもぎ蒸しと同様の美容・美肌効果が期待できるほか、高い温熱効果で体を芯から温め、湯冷めを防ぎます。また、半身浴でよもぎ風呂を利用するのもよい方法です。

よもぎ使用の際の注意点

すでにご紹介したように、よもぎにはさまざまな利用方法が存在します。しかしながら、その使用にはいくつか注意したい点もありますので、以下で確認しておきましょう。

よもぎアレルギーに注意
まれに、よもぎにアレルギーを持つ方がいます。心配な方は、一度アレルギーテストを受けた方がよいでしょう。
食べ過ぎ・摂りすぎに注意
よもぎにはポリフェノールの一種であるタンニンという成分が含まれており、下痢止めの作用が期待できます。しかしながら、タンニンは鉄の吸収を妨げることがあります。貧血気味の人や、便秘の悪化が気になる人は食べ過ぎ・摂りすぎに気をつけましょう。
採取の際の注意
よもぎは身近にも自生している植物ですが、排気ガスや農薬で汚染されているおそれも考えられます。また、よもぎに似た別の植物を間違えて採取・使用してしまい、健康に悪影響が及ぶおそれもゼロではありません。自生のよもぎを摘んだり、使用するときはくれぐれも気をつけましょう。

まとめ

食材や、お茶として楽しめるだけでなく、スキンケアやお風呂にも利用できるよもぎ。よもぎを毎日の生活に取り入れれば、あなたが目指す「キレイ」にとってもメリットが期待できますね。まずは、使い勝手のよい「乾燥よもぎ作り」からトライしてみてはいかがでしょうか。

参考文献

  1. [1] 香川明夫(監修). 七訂 食品成分表2018. 女子栄養大学出版部 2018

今すぐ読みたい

「ハトムギ以外の和漢植物」の関連情報